“待つ指導”を探る 横浜市が幼保小接続研修会

 横浜市教委は、同市立平沼小学校のスタートカリキュラム公開授業を交えた幼保小接続期研修会を4月22日、同校と同市の西公会堂で開いた。授業を振り返りながら、参観した教員が幼保小連携スタートカリキュラムの意義や視点を話し合った。系統性あるカリキュラムマネジメントのポイントと、子どもを“待つ指導”の悩みを話し合いながら、より良い学びの在り方を探った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。