外国籍児童などへの特別な配慮 曖昧で分かりにくい

 文科省は4月25日、教育課程部会小学校部会の第5回会合を開催。次期学習指導要領の小学校教育を通じて育成すべき資質・能力、特別な配慮が必要な児童について、たたき台案をもとに検討した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。