幼児自らの学びを大切に 幼児教育部会で議論

 文科省は4月25日、幼児教育課程部会の第7回会合を開いた。教育課程編成(カリキュラム・マネジメント)やふさわしい評価の在り方、幼児期に必要な支援方策について、たたき台をもとに話し合いが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。