全国小中で防災教育強化 国交省がモデル20校を選定

 国交省は今年度から、学校の防災教育充実に向けた各種支援に一層力を入れる。全国の小・中学校約20校をモデル校として選定し、自然災害に関する出張授業を実施したり、各地の防災体験学習施設や排水機場の施設見学会を行ったりするサポートを進めていく予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。