多様性の尊重見据えた学びを促進 第8回外国語WG

 中教審教育課程部会外国語ワーキンググループ(WG)は第8回会合を4月26日、文科省で開いた。教科課程の構造とカリキュラム・マネジメント、小・中・高校を通じた教科目標と評価の在り方などで意見を深めた。全教科共通で育むべき目標を見据えた外国語学習の視点も議論。「世界の文化の違いと多様性の尊重」「豊かなコミュニケーションと深い学びを通じてそれらに気付く」が指摘された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。