ブラインドサッカー体験教室 行政とNPOが協定締結

 東京都品川区とNPO法人日本ブラインドサッカー協会は、区立全小・中学校でのブラインドサッカー体験教室の推進などを目指すパートナーシップ協定を締結。4月27日、同区役所で調印式を行った。濱野健区長は「体験教室などを広げ、多くの区民に競技の素晴らしさを一層知ってもらいたい」と強調。釜本美佐子同協会代表理事は「プレーは視覚の障がい、健常に関係なく楽しめる。多くの人に体験し、見てほしい」と願いを語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。