大分県に加配教員を派遣 文科省が震災支援で

熊本地震に対応するため文科省は5月2日、大分県内の小・中学校に加配教員5人の配置を決定した。県教委は、児童生徒の心のケアや補習授業に臨時講師をあてる考えだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。