危険ドラッグ手に入ると思う約8割 児童生徒意識調査

横浜市教委と同市健康福祉局は、市立小・中学校の児童生徒を対象に、薬物・たばこ・酒に関する意識調査を実施。児童生徒の約8割が「危険ドラッグが手に入ると思う」と回答していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。