協働で新たな発見も アクティブ・ラーニングで意見

高校教育について意見が出された高等学校部会
高校教育について意見が出された高等学校部会

文科省は5月9日、中教審初中分科会教育課程部会高等学校部会の第2回会合を開いた。高校教育を通じて育成すべき資質・能力やアクティブ・ラーニングについて、たたき台案をもとに検討すべき事項について議論した。

会議では、(1)「確かな学力」(学力の3要素、生徒の学習習慣の確立)(2)「豊かな心」(道徳教育)(3)「健やかな体」(体育・健康に関する指導)の3つを含む「生きる力」の育成を求めた。

アクティブ・ラーニングに関しては、各教科等ワーキンググループの議論を踏まえ、「深い学び」「対話的な学び」「主体的な学び」の3つの視点に立って学び全体を改善していくと提言された。

他者との協働や外界との相互作用を通じて自らの考えを広げ深めるというアクティブ・ラーニングの視点に対し、出席した委員から「協力して取り組み、それによって、ひとりではできない事柄ができ、新たな発見もある」との意見が出た。また「先生が子どもたちと一緒にやってもいいと思う」との提案も。

他の委員は「校長にどう理解させるかのしくみと、教員にどう伝えるかのしくみが大切。校長が理解していないと始まらない」と述べた。

その他、昨年12月にまとめられた「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」等を踏まえ、(1)十分な知識・技能(2)それらを基盤にして答えのない問題に自ら答えを見いだしていく思考力・判断力・表現力等(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度の3つを身に付けていけるような高校教育の改革実現を求めた。

関連記事