協働で新たな発見も アクティブ・ラーニングで意見

 文科省は5月9日、中教審初中分科会教育課程部会高等学校部会の第2回会合を開いた。高校教育を通じて育成すべき資質・能力やアクティブ・ラーニングについて、たたき台案をもとに検討すべき事項について議論した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。