子どもの人口35年連続減 対総人口比は42年連続低下

 総務省が発表した今年4月1日現在の15歳未満の子どもの推計人口は、前年に比べて15万人少ない1605万人だった。昭和57年から35年連続で減少を続けた。男女別の内訳は、男子822万人、女子782万人。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。