無線LANを全国の学校に 来年度概算要求で検討開始

 総務省は平成32年度までに、全国すべての小・中・高校に無線LAN(Wi-Fi)を導入するため費用の一部を来年度概算要求に盛り込む検討を始めた。音声や動画などのコンテンツをタブレット端末に収載した「デジタル教科書」の普及を加速させるのがねらい。さらに災害時の避難所となる学校で、ネット環境が整えばインターネットやメールが使えるようになる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。