中高大学生対象に主権者教育シンポ 与野党議員が登壇

 今夏の参院選から18歳選挙が実施されるのを前に、玉川大学は5月10日、与野党の若手国会議員を招いて「18歳選挙権と参院選」をテーマにシンポジウムを開いた。同学の大学生と同学園の中高生ら356人が来場し、各党の政策について耳を傾けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。