生活困難世帯の子のむし歯 状況変える道筋を示唆

東京都足立区教委と国立成育医療研究センター研究所社会医学研究部が、同区立小学校1年生全員を対象に、生活困難な家庭環境と子どもの健康との関連性を調査・分析した。こうした大規模調査は全国初。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。