福島県内の教育長が文科省に要望書 人的支援の継続求める

 福島県大熊町教育委員会の武内敏英教育長をはじめとする同県10市町村教育長が5月15日、被災地などの教育環境の充実を求める要望書を馳浩文科相に手渡した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。