小学校でのプログラミング教育 有識者会議が初会合

 文科省は5月13日、次期学習指導要領で、小学校でのプログラミング教育必修化を検討する「小学校段階における理論的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」(主査・堀田龍也東北大学大学院教授)の初会合を開いた。そこには、AIなどが社会や仕事を変えていくのが見通される中で、論理的で深い学びを実現するためには、小学校段階でのプログラミング教育が重要との認識がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。