G7教育大臣会合 テロや貧困解決などを議論

G7伊勢志摩サミットの開催を前に、G7教育大臣会合が5月14日、「教育におけるイノベーション~平和と繁栄、持続可能な社会の構築に向けた教育の革新」をテーマに、岡山県倉敷市内で開幕した。世界的にテロ事件が頻発する中で、教育が果たす役割やAI(人工知能)が発達する社会で人間にしかできない能力を育成する方法などについて、翌15日まで議論した。議長国である日本を代表して馳浩文科相は、「教育は未来への先行投資」と、各国の教育大臣に向けてあいさつした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。