ノーベル平和賞受賞者が講演 困窮の子らに教育投資を

G7教育大臣会合開幕に先立ち、公開シンポジウム「The Power of Education~教育の力で未来をつなぐ~」が5月14日、倉敷アイビースクエアで開かれた。2014年にノーベル平和賞を受賞したインドの人権活動家カイラシュ・サティヤルティ氏が講演し、教育を受けられない子どもの悲惨な現状を語った上で、「政府や企業が教育に投資することで経済効果が大きくなる」と強調。各国代表らによるパネルディスカッションでは、特別支援教育や子どもの貧困などの支援を訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。