学習・生活面で少人数学級に効果 現状と課題を調査

「学力の底上げが図られる」「基本的な生活習慣が身に付く」など、少人数学級の学習・生活両面での効果を、大半の自治体が挙げていた。これは、全国都道府県教育長協議会が実施した「少人数学級推進のための現状と課題について」の調査への回答。調査は、昨年9月から10月にかけて、全国47都道府県教委を対象に行われ、全自治体から回答が寄せられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。