経済・教育格差が論点に 教育振興基本計画部会

中教審は文科省で5月17日、教育振興基本計画部会の第4回会合を開いた。平成42(2030)年以降の社会の変化を見据えた教育の目指すべき姿、子どもの貧困など格差への対応について議論した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。