大阪市小6男児へのいじめ あったと第三者委が認定

大阪市の市立小学校で平成26年、当時6年生だった男子児童が、重大ないじめの被害を受けているにもかかわらず、学校の対応が不十分だったとして、児童の保護者が調査を求めた問題で、第三者委はこのほど、「いじめ」があったとの報告書を市に提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。