一億総活躍プラン案まとまる 給付型奨学は検討

「戦後最大の名目GDP600兆円」と「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」の新3本の矢の実現を掲げた一億総活躍国民会議が5月18日、ニッポン一億総活躍プラン案を取りまとめた。今月中にも閣議決定される見込み。教育分野では、初等教育段階でのIT人材育成や、学校復帰を目指した不登校対策、フリースクール支援などが盛り込まれた。目玉政策になると期待されていた給付型奨学金は「検討する」との文言に留まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。