持続可能な社会の学びで意見 産業教育WG論議深まる

中教審初中教育分科会教育課程部会産業教育ワーキンググループは第8回会合を5月18日、文科省で開いた。これまでの議論でまとまった産業教育の目標と評価の在り方や教育内容の改善充実の観点から、意見交換を深めた。委員からは「持続可能な社会づくりを踏まえ、環境に配慮したライフスタイルを学ぶ視点を含んでほしい」などの意見が上がった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。