優れた能力を伸ばす教育施策など柱に 第九提言

教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大学総長)は5月20日、発達障害のある子どもの対応や特に優れた能力を伸ばす教育施策などを柱にした第九次提言をまとめた。先進的な取り組みを全国に広げるために「教育再生先導地域(仮称)」の設置を検討する。財源は来年度概算要求に盛り込む見通しだ。同日、鎌田座長が安倍晋三首相に提言を手交した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。