困り事が発見につながる 特別支援でのICT活用で講演

東京都江東区の東京ビッグサイトなどで開催された第7回「教育ITソリューションEXPO」で岡本崇大分県立別府支援学校教諭は、会期最終日の5月20日、特別セミナーを行った。テーマは「生活や学習を支え、成長を実感できるタブレットの活用」。特別支援学校でのICT活用について、「困った経験が発見につながる。それに応じてICTを使っていけばよい」と述べ、タブレット端末やアプリを使って学習し、成長していく子どもの姿を語った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。