高校生のアルバイトで調査 法令違反の事例も

厚労省は、高校生を対象としたアルバイトに関する調査結果を公表した。6割が労基法で雇用者によって交付が義務付けられている労働条件通知書などを受け取っていないと回答。労働条件について十分な確認がないまま働いている実態が浮き彫りとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。