主体的な学習求める 総則・評価特別部会

文科省で5月23日、中教審初中教育分科会教育課程部会による総則・評価特別部会の第8回会合が開かれた。子どもたちの主体的な学習、家庭・地域との連携や教員の校内研修などについて議論された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。