ハワイ州政府教育局と教育分野で協力 広島県教委

広島県教委は5月27日に、ハワイ州政府教育局と「教育分野の協力に関する覚書」を締結する。姉妹校や短期留学プログラム、教員研修など、生徒や教員の交流を通じて相互理解の増進に役立てるのがねらい。

同県はこれまでに、オーストラリア・クイーンズランド州や台湾・桃園市などと教育交流協定を結んでおり、ハワイ州は9例目となる。

既に、県立13高校とハワイの14校それぞれによる姉妹校交流が行われている。今夏には、高校生をハワイ州に派遣する「広島県教育委員会短期留学プログラム」「広島創生イノベーションスクール・グローバルスクール(ハワイ)」が行われる予定。

覚書では、同県から参加する学校を、日本との関係を構築しようとしているハワイ州の公立学校に紹介する。これにより、教育旅行や留学から得られる利益の増進なども見込んでいる。

覚書の署名は、ハワイ州政府庁舎内で、同県教委教育長とハワイ州政府教育局教育長によって行われる。

関連記事