連携して子ども貧困支援 全国100カ所で居場所創設

日本財団は、株式会社ベネッセホールディングスなどと連携し、子どもの貧困対策モデル事業として、全国100カ所に新たな「居場所づくり」を設置すると、5月23日の会見で明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。