ヘイトスピーチ対策法成立 国際理解充実をと文科相

在日外国人らへの差別をあおる「ヘイトスピーチ」の解消をめざす法律が5月24日午後、衆議院本会議で可決、成立した。公布日から施行される。馳浩文科相は同日午前に行われた閣議後会見で、同法案に盛り込まれている「教育の充実」に言及。「特別の教科 道徳」や社会科、国語科、外国語科など、あらゆる教科で国際理解や相互理解を深めていくと強調していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。