小・中学校の政治教養を育む学びで議論 神奈川県教委

 神奈川県教委は、小・中学校での政治的教養を育む教育実施に向け、第1回検討会議を5月27日、横浜市のかながわ県民センターで開いた。選挙権年齢引き下げによる高校生の主権者教育推進を視野に、小・中学校段階での主体的な社会参画力を育む学びの在り方や指導資料作成に向けた協議を深める。慶應義塾大SFC研究所の西野偉彦座長は、今後の議論の意識点として、指導時の教員の政治的中立性や小・中・高校につながる体系的な学びなどを指摘した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。