学校生活から政治意識高める 千葉県が主権者教育研修

千葉県総合教育センターは、高校での政治的素養を育む教育の一層の充実に向け、県内全公立高校と特別支援学校の教員を対象にした研修会を5月31日、千葉市の同センターで開いた。総務・文科両省が作成した副教材「私たちが拓く日本の未来」を使った授業づくりのポイントや、県内高校の参加体験型実践事例などを報告。日頃の学校生活から政治や社会課題を意識させようとの助言に加え、政策、イメージ、人柄を織り交ぜた候補者選定でより妥当な選択眼を磨かせる授業事例が報告された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。