教員の政治的中立違反に罰則 自民が提言中間まとめ

今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを踏まえ、自民党文科部会は5月31日、学校教育での政治的中立性を確保するための提言に向けた中間取りまとめを公表した。参院選の状況などを見据えながら、教特法を改正し、中立性に反した場合の罰則規定を設けるか検討するとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。