横浜市と上智大が連携 市立高のグローバル人材育成で

杉村美紀副学長(左)と岡田優子教育長(右)が協力を誓い合った
杉村美紀副学長(左)と岡田優子教育長(右)が協力を誓い合った

横浜市教委と上智大学は、相互の教育充実に向けた連携協定を締結した。同学の教育・研究リソースを生かし、同市立高校のグローバル人材育成やキャリア教育の充実、教員のスキルアップ研修の実現などを目指す。

協定の柱は、▽高校と大学が連携した教育内容や方法の研究▽高校教員の教育力向上▽大学教員による高校生対象の講座実施▽高大連携に関する事項――の4つ。先駆的なグローバル教育推進を図る同学と協働し、主に市立高校のグローバル人材育成に向けた学びの充実を目標にしている。

具体的な活動内容は、今後の協議で決定する。

視点としては、同学教員が生徒に特別講義や講演会を実施したり、高校生が同学の研究室を訪問し学びを深めたりするなどの実践を企画する。

スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定を受ける市立高校と、スーパーグローバル大学創成支援事業に選定されている同学が連携特別講義を行い、グローバルリーダー育成を図るなどの取り組みも構想している。同学の教育力と研究力を生かし、市立高校教員のスキルアップ研修の企画・実施なども検討する。

関連記事