子ども貧困対策で関係団体がネットワーク 提言示す

子どもの貧困に向けた教育支援に取り組む各地の団体が集い、広域ネットワークによる効果的な対策推進を目指す「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」設立記念フォーラムが5月30日、東京都港区の日本財団で開かれた。協議会では、自治体の支援拡大や活動に関わる人材確保・養成などを提言。関係団体間の情報交流を深めながら、一層の活動推進を誓い合った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。