紙と「デジタル教科書」のバランスを 位置づけで論議

 文科省の「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議が6月2日、第8回会合を開いた。紙の教科書との関係、その教材費に関わる問題や障害のある児童生徒への配慮など、中間まとめ案について議論された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。