全市立高で模擬選挙実施 さいたま市が指定都市で初

さいたま市教委は、6月から7月にかけて、全ての市立高校で模擬選挙の授業を実施する。指定都市では初の取り組み。今夏の参院選を想定し、学校に投票箱などを設置し、実際の投票をリアルに体験する学習を行う。生徒の政策吟味の視点や政治と社会参画の考えを問う調査も進め、今後の実践改善や効果策を考える材料として生かす。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。