食べ残し減少し正しい箸づかい増加 子どもの食を調査

 普段、安心して食べられるのは「家の食事」97.8%、「給食」65.3%、「外食」33.3%――。東京近郊20キロから50キロのドーナツ圏に暮らす小校学4年生から中学校3年生までの食生活の意識と実態を、農林中央金庫が調査した。平成17年と23年に実施された過去2回の同様調査と比較すると、食べ残しが減少し、正しい箸づかいが増加していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。