誰もができる子どもの支援策を体験 PFA学ぶ講習会

(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、誰もができる子どもたちへの心理社会的ケアの手法「サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)」の理論と効果を体験を通して学ぶ講習会を6月6日、東京都千代田区の東京事務所で開いた。熊本地震の被災者支援でも使われているPFAの見る・聴く・つなぐ――の関わり方を解説。多様な状況下で具体的な対応を参加者同士でやりとりしながら、意義や良さを学んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。