教員の多忙化で報告書 来年度に部活動ガイドライン

教員の多忙化を解消するために施策を検討している文科省の「次世代の学校教育にふさわしい教職員の在り方と業務改善のためのタスクフォース」は6月13日、報告書を取りまとめた。部活動に休養日を設けるために調査の実施を決めた。これを基に、来年度末にはガイドラインを示す方針。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。