教科書謝礼問題で公取が「警告」 独禁法の疑いで

教科書会社が検定中の教科書を教員らに閲覧させ、謝礼を渡していた問題で、公取は9社に対して独禁法違反(不公正な取引方法)に当たる恐れがあるとして、行政処分である「警告」を出す方針を固めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。