熊本地震被災の児童生徒 支援者向けに冊子発行

聖学院大学人間福祉学部こども心理学科は、熊本地震で被災した家族や保育士、教師などの支援者向け冊子「熊本地震特別編集版 子どもの心にそっと寄り添う―被災地の子どものケア」を6月15日に発行する。被災地の幼稚園、保育園、小学校のほか、役所やボランティアセンターに無料配布される。希望者や団体にも配布する。

同冊子は、東日本大震災をきっかけに、子どもの心のケアを行う人材育成を目的に、平成24年4月に設立された同学科が、熊本地震で被災した子どもの心のケアを考えて緊急発行したもの。東日本大震災発災の11ヵ月後に発行された第1集を、熊本版に編集し直したB6判全24ページである。

子どもや、子どもを支える親の心のケア、絵本の読み聞かせについての記事のほか、巻末には、熊本地震の被災者支援を行う団体を中心に「子どもに関する支援活動に取り組む団体リスト」「電話による心の相談窓口」を掲載されている。

送付を希望する人は、▽名前(団体名)▽送付先住所▽電話番号▽目的▽希望部数を書き、聖学院大学広報課にEメール(pru@seig.ac.jp)またはファクス(048-725-6891)で申し込む。

関連記事