SOS示す力の育成を 都が自殺防止教育連絡会開く

東京都教委は、都内全公立小・中・高校、中等教育学校、特別支援学校の校長などに向けた自殺防止教育連絡会を6月14日、都立多摩社会教育会館で開いた。自殺総合対策推進センターの反町吉秀地域連携推進室長は、自殺対策の最新動向と効果的な事例として、足立区でのSOSの出し方教育などを説明。参加した校長は、児童生徒の自殺防止に向けた対策や教育への理解を深め、学校での組織的な取り組み強化を誓った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。