教員定数の充実目指す 全連小が緊急要望書を議員に

経済財政運営の指針「骨太の方針」を受けて全連小は6月14日、いじめや外国籍児童などに対応するために、加配教員の充実や小学校3年生の35人学級の実現を目指す緊急要望書を、国会議員37人に手渡した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。