安全とより良い教育の両立目指す 体験活動リスク講習

安全とより良い教育内容を両立した部活動や体験活動のリスクマネジメントを学ぶ「体験活動セイフティリーダー(ASL)資格認定講座」が6月21日、横浜市のプラムネット株式会社で行われた。参加者は各種アクティビティーを体験し、観察しながら、それぞれが感じたリスクを記述。各自の意見を「危険性」「活動頻度」の軽重を示す表に分類し、活動目標と照らして分析・評価する作業を経験した。各自が考えるリスクを共有し、吟味していく中で、目指す教育目標と考慮すべき安全管理の両面を見いだす力を磨いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。