高校生の政治的活動 届け出制待ったと日弁連が意見書

国政では、間近に迫ってきた7月10日の参院選で、18歳以上からの選挙年齢が初適用される。こうしたなか、日弁連は6月24日、「高等学校における政治的教養の教育等に関する意見書」を、文科、総務の両大臣のほか、都道府県知事などに送付した。意見書では、政治的中立性の確保を理由に、高校生の政治的活動を制限しないよう訴えている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。