できていることを大切に 教員は一人ひとりに声かけを

「不登校の子どもとの向き合い方」をテーマにしたセミナーが6月24日、都内で開催された。登壇したのは、スクールカウンセラーの李舜哲(リ・スンチョル)さん。不登校児童生徒の現状や子どもの初期状況、保護者・学校としての対応などが語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。