高校に駐日メキシコ大使 国際理解授業で生徒と交流

埼玉県立和光国際高校(伊藤正志校長、生徒数984人)は6月29日、「大使館発、世界が分かる授業」を行った。メキシコのカルロス・アルマーダ駐日大使が、体育館に集まった全生徒に向けて話しかけた。特色ある国際理解教育の1つとして行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。