高大接続カリキュラムで協議会 授業を視察し意見交換

千葉市立千葉高校(川崎浩祐校長、生徒数973人)と千葉大学工学部は、高大接続カリキュラム作りを協働で進めるため、高大の教員が同校の授業を視察し、意見交換を深める第1回連絡協議会を6月30日に開いた。同学の教員は理数科2年生の課題研究の学びなどを見て、生徒の研究テーマや内容などについて質問。高校の学習に理解を深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。