児童支援教諭を配置 負担軽減のため市費で非常勤講師

神奈川県藤沢市教委は7月1日から、市費で非常勤講師9人を新たに雇用し、配置する。いじめや不登校などの問題解決に取り組む「児童支援担当教諭」の負担を軽減するのがねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。