7割の子どもがニュースに関心 青少年調査で

国立青少年教育振興機構が行っている「子供の四季を通したふだんの生活と施設利用に関する調査」の結果が、7月1日に発表された。7割の子どもが「世の中のニュースに関心がある」と回答。家族の活動については「夏休みに家族でお出かけした」が8割を超えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。